スポンサーサイト

  • 2014.02.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    フリーペーパー“フリーク”に掲載されました

    • 2013.04.04 Thursday
    • 18:47
     最近あちこちで見かけるフリーペーパー。
    先日、『フリーク』というフリーペーパーの編集の方からお電話をいただき、
    4月号で家庭菜園の特集をするからその取材と、
    無料1DAYレッスンの体験取材の申し込みをいただきました。

    S-DSC03485.jpg

    もちろんお断りする理由もなく
    二つ返事でお受けした次第です。

    『フリーク』というフリーペーパー、
    実は知らなかったのでありますが m(_ _)m
    聞けば女性向けということで
    イオン系のショッピングセンターのラック設置を始め、
    幼稚園、銀行、病院など、様々なところへ
    三重県内全域に55,000部もの配布がされているそうです。

    3月某日
    ハーブの寄せ植えに挑戦していただき
    さらに植物のの育て方やら家庭菜園の楽しみ方やら
    色々お話しさせていただきました。

    で、届いた4月号の記事がこれ。

    S-DSC03486.jpg

    なんと、見開き2ページの大特集。

    店内の写真がたっぷり入った家庭菜園の記事が右のページ。
    かわいいイラストの寄せ植え体験記が左のページ。

    A4サイズのフリーペーパーなので、
    けっこうボリュームあります。

    初心者向けの家庭菜園の記事も
    わかりやすくまとめていただきましたので
    興味のある方はぜひお近くのイオンなどで手にとってご覧下さい。
    (もちろん三重県下)

    なお、当店の店頭にも置いてます。

    参考までに『フリーク』のHPです。
    http://www.kuun.co.jp/web_freek/


    最後に、取材に来ていただいた『フリーク』編集部のお二人、
    とてもすてきなお二人で、
    取材とはいうもののたいへん楽しい時間をすごさせていただきましたこと
    付け加えさせていただきます。(oyaji)




    ローダンセマム

    • 2013.03.16 Saturday
    • 10:41
     ニンジンのような細いレースっぽい葉の間から
    マーガレットのような形の花が次々と咲きあがります。

    S-DSC03426.jpg

    【ローダンセマム】
    ■キク科 多年草
    ■用途:花壇、コンテナ
    ■花期:3月〜6月
    ■草丈:15〜30cm

    花色や大きさなどの違いから
    最近はローダンセマムの品種も増えてきました。

    花の色は白から濃いピンクにかけて、
    花の大きさは3〜5cmぐらいです。

    写真の花は‘エルフピンク’。
    つぼみが濃いピンクで、咲き進むにつれ淡いピンクから白色に変化する、
    大輪咲きのとても美しい品種です。

    3月は、まだまだ屋外に置くことができる花の少ない季節なのですが、
    霜が直接当たらない場所ならきれいに花を咲かせてくれます。

    暑さがやや苦手ということなのですが
    店頭でも割と平気で夏越ししてくれる丈夫な多年草です。

    早春のアイテムとしてぜひ加えたい一品です。(oyaji)




    プリムラ・ジュリアン

    • 2013.01.15 Tuesday
    • 15:00
    冬に楽しむ草花として登場するプリムラ類は大きく分けて
    オブコニカやマラコイデスといった花首が伸びるタイプのものと
    ジュリアンやポリアンサという花首の伸びないタイプのものがあります。

    その中でも後者のグループ(ジュリアン・ポリアンサ)には複色系やパステル系など
    今まで見たこともないようなカラフルな品種が次々と登場しています。

    特にジュリアンはバラ咲きと呼ばれるとてもきれいな八重咲きの品種が多く登場し、
    私たちの目を楽しませてくれます。

    これは「ブライダルベル」という品種。
    もう、名前からしてオシャレですね。

    S-DSC03208.jpg

    【プリムラ・ジュリアン】
    ■サクラソウ科 一年草
    ■用途:花壇、コンテナ
    ■花期:11月〜4月
    ■草丈:15〜20cm

    ついでにこのシリーズの他の品種も一部紹介しておきます。
    まずオレンジがかった赤色の「ピーチフロマージュ」

    S-DSC03211.jpg

    濃いのピンクの「イチゴのミルフィーユ」

    S-DSC03212.jpg

    グリーンがかったホワイトの「マスカットのジュレ」

    S-DSC03214.jpg

    なんのこっちゃ(笑)


    プリムラ・ジュリアンは本来多年草なのですが暑さにあまり強くないので
    三重県あたりでは夏に枯らしてしまう場合が多いですね。

    パンジー一色になりがちな冬のガーデニングも
    こういった品種の登場で楽しみが増えています。(oyaji)




    くりすます はじめました

    • 2012.12.06 Thursday
    • 12:52
    もう12月ですね。
    今年も店内には、色々なリースやクリスマスグッズが並んでいます。

    S-DSC03140.jpg

    並べる時が一番わくわくします。

    これカワイイ〜!
    これシックでいいなあ〜!とか…

    つい笑顔になりつつ並べます。

    当店にお越しの時は外売り場の植物だけでなく、
    店内も見ていって下さいね〜!(yome)




    もみじ葉ゼラニューム

    • 2012.10.12 Friday
    • 09:21
    特に秋の植物ということではないのですが
    色といい形といい名前といい
    やはりどうしても秋になると仕入れてしまいます。

    S-DSC02937.jpg

    【モミジバゼラニューム】
    ■フウロソウ科 半耐寒性多年草
    ■用途:花壇、コンテナ
    ■花期:4月〜11月
    ■草丈:15〜30cm

    赤系のカラーリーフはやはり秋のイメージですね。
    寄せ植えも、こういう植物を使っていけば
    適当に(?)作っても秋の雰囲気が楽しめます。

    もちろん秋以外にも出荷される植物で
    1年中手に入るのですが
    やはり秋が一番しっくりきます。

    一般的なゼラニュームのように花に派手さはありません。
    真っ赤な花がチラホラ咲くのですが
    葉の色にかくれてあまり目立ちません。

    半耐寒性と書きましたが寒さにはけっこう強く
    この地域(三重県)であれば
    ひさしの下あたりならなんの問題もなく越冬します。


    植物学的にはカタカナ表記ということなので
    「モミジバゼラニューム」と書くべきなのでしょうが、
    やはり「もみじ葉ゼラニューム」と書いた方が
    かわいいと思うのは私だけでしょうか…

    もちろん店頭のPOPには「もみじ葉ゼラニューム」と
    書いてあります…(oyaji)




    ワイルドストロベリー

    • 2012.08.23 Thursday
    • 09:30
     そういえば、3〜4年前にストロベリーポットに植えて花壇に置いたのを思い出しました。
    1年ぐらいで撤去したのですが、さすがに名前に恥じないワイルドさ。
    最近、花壇の片すみにそのときのなごりであろうワイルドストロベリーが
    元気に育っているのに気がつきました。

    S-DSC02647.jpg

    【ワイルドストロベリー】
    ■バラ科 多年草
    ■用途:花壇、コンテナ、グランドカバー、ハーブ
    ■花期:5月〜10月
    ■草丈:15〜25cm

    春から秋にかけて、小さなイチゴが収穫できます。
    ちょっと酸味が強いものの、もちろん食用できます。

    写真の品種は赤い実ですが、
    その他に白い実や黄色い実のワイルドストロベリーもあります。

    よく、ジャムにするという記事をみかけますが、
    実も小さく、数もそんなに成らないので、
    実際にはよっぽどたくさん栽培しない限りジャムにするほどの収穫は望めません。
    どうしてもという場合は冷凍で少しずつためておくとか…みたいです。

    冒頭書いたとおりとても丈夫な植物で、
    ランナーをのばして勝手に増えていくので、
    グランドカバーとしても十分役割を果たしてくれます。
    イチゴもたくさんとれるし…

    ワイルドストベリーの葉はハーブとしても利用され、
    神経の鎮静作用、利尿、健胃作用などがあるそうで、
    主にティーで楽しみます。

    ちなみに植えていたストロベリーポットというのがこれ。

    S-DSC02752.jpg

    この小窓から地面までランナーをのばして増えていったということのようです。
    ちなみに胴幅は35cmほどで、重量感があります。

    ストロベリーポットには小窓の付き方で色々な種類がありますが、
    共通しているのはけっこう値段が高いこと(笑)。oyaji




    アガパンサス

    • 2012.07.08 Sunday
    • 13:24
    アガパンサスが当店の花壇で今満開です。
    毎年のことですがいつ見ても存在感のある大きさです。

    S-DSC02659.jpg

     【アガパンサス】
    ■ユリ科 多年草
    ■用途:花壇
    ■花期:6月〜7月
    ■草丈:80〜100cm

    とても丈夫な多年草で
    一度植えれば毎年その株を大きくしていきます。

    この写真は『アフリカヌス・ブルー』という淡いブルーの品種ですが、
    この他にも白から濃いブルーまでいろいろな品種があります。

    S-DSC02652.jpg

    花の無い間は幅広のベルト状の葉が
    グランドカバーとして活躍してくれます。

    欠点は、知らず知らずのうちに自分の領地を広げていくこと。
    数年に一度はスコップで株の整理をしてやります。

    まあ、これがかなりの重労働で…
    アガパンサスだけの花壇にするならいいんですけどね…(oyaji)




    フェイジョア

    • 2012.06.07 Thursday
    • 10:22

    去年までは数輪の花がチラホラとしか咲かなかったフェイジョアが
    今年はやっとまとまって咲いてくれました。

    S-DSC02625.jpg

    【フェイジョア】
    ■フトモモ科 常緑中低木
    ■用途:果樹、庭木
    ■花期:5月〜6月
    ■草丈:2〜3m

    もともとは果樹として日本に紹介された木ですが
    花びらの白と、おしべの赤と、その先端の黄色のコントラストが
    なんとなくトロピカルな雰囲気をかもし出し
    また、常緑でシルバーがかった葉も美しく
    最近では庭木として植えられる場合も多いようです。

    フェイジョアは同じ品種同士や一本の木では実を付けない性質が強く
    (自家不和合性といいます)
    実をつけるためにはどうしても違う品種の木を2本植えなければならず
    限られたスペースのため1本しか植えられないお庭では
    花を楽しむための木ということになります。

    S-DSC02627.jpg

    当店のボーダー花壇に植えてあるフェイジョアも
    1本だけですので残念ながら実は楽しめません。
    2mほどに育った苗木を植えて4〜5年経ちますが
    昨年までは芽吹きも悪く数輪の花を咲かせるのがやっとの状態でした。

    ところが今年は新芽の伸びもよく
    花もたくさん咲かせてくれました。
    本当のところはわかりませんが
    去年から微量要素入りの肥料に変えたことがよかったのかなと
    ひそかに思っています。

    花びらが甘いということなのでさっそく食べてみました。
    確かにうっすらと甘みがありましたが…



    まっ、あえて食べるほどのものではなかったことを
    ご報告しておきます(笑)。(oyaji)




    アカバナトキワマンサク

    • 2012.04.19 Thursday
    • 10:56
    今年もみごとに咲いてくれました。
    商売柄毎日いろいろな花を見て暮らしているわけですが
    この花だけは別格の美しさを感じます。

    S-DSC02614.jpg

    【アカバナトキワマンサク】
    ■マンサク科 常緑中低木
    ■用途:庭木、生垣
    ■花期:3月〜4月
    ■草丈:2〜3m

    春、濃いピンクの細いリボン状の花びらが一面を覆い尽くします。
    色といい、ボリュームといい本当に毎年圧倒されます。
    放っておけば3mほどの樹高になりますが
    刈り込みに耐えるので生垣やトピアリーの利用もOKです。

    上の花の写真は店頭で販売中の商品のアップです。
    全体はこんな感じ。

    S-DSC02617.jpg

    この株はなぜか冬の間に葉をほとんど落としてしまうため
    よけいに花が引き立ちます。

    トピアリー仕立てということもあり、
    値段が高くてなかなか売れず、
    結果として毎年楽しめるという
    ちょっと複雑な気持ちにさせてくれる商品です(笑)。

    この美しさにみなさん思わず立ち止まって見入って下さるのですが、
    その下の値札を見て何も言わず離れていきます。

    え、いくらかって?
    まっ、店頭でお確かめ下さい。
    何も言わず離れてしまうと思います(笑)。(oyaji)




    3月24日 大安吉日

    • 2012.03.31 Saturday
    • 11:24

    普通、披露宴ならともかく、挙式場への入場ともなると、
    緊張の中、神妙にかつおごそかに行われるものと思っていたのは
    どうやら私だけだったのでしょうか…

    お客様が待つ挙式場の扉が開いて入場した新婦は
    ニコニコと笑顔をふりまきながら手を振っていました。

    S-DSC02593.jpg

    まあ、今どきはこんなもんなんだろうと思いつつ、 
    場内で一人だけニコリともしていなかったのが神主さんでした(笑)。

    古くから当店をご利用いただいているお客様ならご存じの方も多いと思いますが、
    今の場所に開店して間もないころ、
    店の中を裸足で走り回っていたまるまるとした女の子がこの新婦です(笑)。

    2012年3月24日
    こんな楽しい1日を過ごしたのは久しぶり。

    新郎のこーちゃん
    こーちゃんを育てて下さったご両親やご家族
    二人をこれまで支えて下さった恩師や友人のみなさん
    そしてこの楽しい時間を演出下さったラセーヌマリアージュ四日市のスタッフのみなさん

    ただただ感謝の1日でした。(yome)




    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    information

    Tanehyo Information photo 【たね兵 Tanehyo】
    三重県四日市市でプロ用種子・家庭菜園・ガーデニングを中心に営業している園芸店です。豊富な知識で、初心者でも安心してお買い物をしていただけるよう心がけています。

    tanehyoHP.jpg

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM