スポンサーサイト

  • 2014.02.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ジューンベリー

    • 2011.06.16 Thursday
    • 18:05
    先日のエントリーでジューンベリーの実が色づいたらあらためて紹介する旨書かせていただきましたが、
     パソコンの修理中に色づきました(笑)。
    写真は撮っておきましたので、その前に撮っておいた花の写真とあわせてアップしておきます。

    s-DSC02095.jpg

    【ジューンベリー】
    ■バラ科 落葉高木
    ■用途:庭園樹木
    ■開花期:4月
    ■結実期:6月
    ■樹高:3〜8m

    春に白い花、初夏には赤い実、夏の緑を経て、秋の紅葉、冬は落葉後の樹形を楽しむ。
    1年を通して四季の変化が楽しめる、ちょっとぜいたくな木です。

    株元から新しい枝が出やすいので株立ちに仕立てやすく、
    柔らかなラインを描く枝と相まって洋風の庭造りに最近人気があります。

    花は三重県では4月中旬、桜の花がちりはじめる頃に満開になります。
    (上の写真は4/12に撮影)
    10輪ほどの花がまとまり、ゴルフボールほど大きさの花のかたまりとなって木全体に咲きます。

    s-DSC02112.jpg

    同じバラ科のサクラとは、少し違った雰囲気が味わえます。

    花が終わると葉が開き、すぐに小さな実を着けます。
    名前の通り、ちょうど6月に入ると実が色づき始めます。
    これがまたカワイイこと。

    S-DSC02147.jpg

    とても実付きがよく、木いっぱいに小さな赤い実を着けます。

    もちろん食べられます。
    酸味が少なく、やさしい甘さでこれがけっこううまい。
    たねがありますが小さいので生食の場合あまり気になりません。

    ただし、ジャムにするとたねが固くなり、少し気になります。
    めんどうでも裏ごしするとよいようです。

    この木、和名は「アメリカザイフリボク」なのですが、
    やはり英名の「ジューンベリー」のほうがかっこいい。

    余談ですが、「ヒメイワダレソウ」というグランドカバー向きの植物があるのですが
    当店では「リピア」という名前で呼んでいます。

    名前から受ける印象も大切ですよね。(oyaji)




    サルビア・アズレア

    • 2011.09.11 Sunday
    • 11:30
    秋の花も少しずつ入荷し始めました。

    S-DSC02308.jpg

    【サルビア・アズレア】
    ■シソ科 多年草
    ■用途:花壇・コンテナ
    ■花期:9月〜11月
    ■草丈:50〜150

    夏の終わりから秋にかけ、
    やさしいスカイブルーの花を咲かせます。

    放っておくと花が咲く秋までに草丈が2m近くになることもあり
    春から初夏にかけて刈り込んで
    草丈を低くすると同時に枝数を増やしてあげます

    暑さ寒さに強い丈夫な多年草です。(oyaji)






    シルバープリペットの剪定(1)

    • 2013.08.27 Tuesday
    • 11:16
    西側のボーダー花壇に植えてあるシルバープリペットがよく育ち
    とてもいい感じになってきました。

    S-DSC03794.jpg

    【シルバープリペット】
    ■モクセイ科 常緑低木
    ■用途:庭園樹木・生け垣
    ■花期:5月〜6月
    ■草丈:1m〜2m

    白い斑入りの葉がとても涼しげで、夏の庭に1本欲しくなる木ですね。
    初夏に白い花を枝中に咲かせますが、
    悲しいかな白い葉っぱのせいであまり目立ちません。

    芽吹きの良さを利用して生垣として刈り込んでもいいのですが
    私としては枝を伸ばしてナチュラルな樹形に育てるほうが好きです。


    ところがこのシルバープリペット、
    オベリスクにからませたバラ「ギー・サヴォア」の横に植えてあるため
    (正確にはシルバープリペットの横にあとから植えた)
    枝がちょっと(…かなり?)じゃまになってきてしまいました。

    S-DSC03795.jpg

    もとはといえば、バラに肥料をジャンジャン与えるため
    そのおこぼれでとなりのシルバープリペットが生き生きと育つという
    まっ、当然と言えば当然の成り行きなのですが、
    このままにしておくとさすがにやばいというところまできてしまいました。


    結局バラをとるかシルバープリペットをとるかという選択になってしまうのですが、
    これまでの流れからして当然バラの勝ちと言うことに…。

    もちろんシルバープリペットにはなんの罪もないわけですが…。


    ということで、シルバープリペットを剪定することにいたしました。
    その様子は後日…




    シルバープリペットの剪定(2)

    • 2013.08.29 Thursday
    • 13:00
    さて、あとからきたバラに主役をうばわれ
    剪定されることになったシルバープリペットですが、
    もともと芽吹きがよいので少々荒っぽく切ってもまず大丈夫。

    ということで、バラにかぶってしまった枝を根元からゴシゴシ。

    S-DSC03798.jpg

    ここでお家にある木工用のノコギリで切ろうとすると
    すぐに目が詰まってなかなか切れません。
    ここはやはり専用の剪定ノコを使いたいもの。


    白い斑入りの葉が美しいシルバープリペットですが、
    なぜかたまに斑のの入らない青い葉ばかりの枝が生えてきます。

    ちょっとわかりくいかもしれませんが下の写真がそれ。
    もちろんこんな枝も根元からゴシゴシ。

    S-DSC03800.jpg

    フェンスを越えて、となりのお店に張り出している枝も根元からゴシゴシ。
    (いつもごめいわくおかけしてスミマセン m(_ _)m )


    太い枝を切り終えたら今度は細い枝。
    もちろん剪定バサミが便利です。

    剪定バサミで切れるのは人差し指ぐらいが限界ですね。
    太い枝は素直にノコギリを使った方が体力を消耗しません。

    S-DSC03801.jpg

    切り進めると、
    あっ、こっちの枝が…
    あっ、ちょっとバランスが…
    あっ、この枝は変…

    などと、つい…

    S-DSC03802.jpg

    うわっ!やっちまった!
    というぐらいサッパリしました(笑)。

    羊毛を刈り取られたヒツジみたい…。
    手前に積まれたハンパねえ枝の量に自分でもちょっとやりすぎ感が…。


    いやいやいや、シルバープリペットはすぐ再生するし
    大丈夫大丈夫。

    それより、当初の目的であった「ギー・サヴォア」のよく見えること。
    大丈夫大丈夫。



    …。
    大丈夫大丈夫。




    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    information

    Tanehyo Information photo 【たね兵 Tanehyo】
    三重県四日市市でプロ用種子・家庭菜園・ガーデニングを中心に営業している園芸店です。豊富な知識で、初心者でも安心してお買い物をしていただけるよう心がけています。

    tanehyoHP.jpg

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM