スポンサーサイト

  • 2014.02.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ペペロミア

    • 2011.08.05 Friday
    • 11:34
     昔はペペロミアというと、
    ヘゴの木に登らせた(というか貼り付けた)丸い肉厚の葉っぱのペペロミア・オブツシフォリア、
    当時は「スイカペペ」と呼んでいたシマシマの葉っぱのペペロミア・アルギレイア、
    あと、「チジミペペ」と呼んでいたしわしわの葉っぱのペペロミア・カペラータなどが主な品種で、
    近ごろはそれすらあまりみかけなくなってしまいました。

    ところが最近はそれ以外のいろんな品種が出回るようになり
    私たちの目を楽しませてくれるようになりました。

    S-DSC02223.jpg

    【ペペロミア】
    ■コショウ科 多年草(非耐寒性)
    ■用途:室内観葉・吊り鉢
    ■鑑賞期:周年
    ■草丈:10〜30

    左:ペペロミア・イザベラ
    右:ペペロミア・ペレスキフォリア

    以前はこういうコンパクトな品種はあまり出回っていませんでした。
    あっても、ミニ観葉のセットの中に少しまぎれこんでいるぐらい。

    観葉植物として単品でも十分楽しめるのですが、
    このぐらいのサイズのものは寄せ植えの材料としてとても重宝します。

    昔の品種のように少し大きな葉っぱのものもあります。
    これはペペロミア・ジェイドという品種です。

    S-DSC02224.jpg

    模様やチジミはありませんが十分かわいいですよね。
    この他にも色々な品種が手に入るようになりました。

    ペペロミアは観葉植物としては育てやすい方なんですが水のやりすぎだけは注意して下さい。
    株元から腐ってしまいます。
    逆に乾燥には強いので、土が乾くのを待って水やりするようにします。

    夏は風通しのよい半日陰、冬は日当たりのよい室内で管理すれば
    長く楽しむことができます。


    あと、この「ペペ」というかわいい響きが好きです(笑)。oyaji




    ビオラ

    • 2011.11.30 Wednesday
    • 11:44
    どれを植えようか選ぶのが面倒になるほど
    最近やたらと種類が増えてきたビオラ。

    S-DSC02418.jpg

    【ビオラ】
    ■スミレ科 一年草
    ■用途:花壇・コンテナ
    ■花期:10月〜5月
    ■草丈:15〜30

    パンジーに比べ花は小さいものの圧倒的な花数が魅力です。

    以前は12月頃にならないと出回りませんでしたが
    品種の早生(わせ)化がどんどんすすみ
    近ごろは9月頃から出荷されるようになりました。

    おかげで生育が止まってしまう厳冬期までに
    ある程度ボリュームある株にそだてることができるようになり
    年末年始の花壇をカラフルに彩ってくれます。

    S-DSC02420.jpg

    といっても10月初旬まではまだまだビオラにとっては暖かすぎで
    このころまでに飛びついて購入してしまうと
    伸びすぎてボサボサになってしまう可能性が高く
    当店でもその年の気候をにらみながら
    慎重に仕入れの時期を見定めるようにしています。
    ちなみに当店では10月15日頃をひとつの目安にしています。


    今年こそ冬花壇にはもっと他の花を植えたいと思いつつ
    結局いつのまにかパンジーとビオラが主役に収まってしまいます。(oyaji)




    フェイジョア

    • 2012.06.07 Thursday
    • 10:22

    去年までは数輪の花がチラホラとしか咲かなかったフェイジョアが
    今年はやっとまとまって咲いてくれました。

    S-DSC02625.jpg

    【フェイジョア】
    ■フトモモ科 常緑中低木
    ■用途:果樹、庭木
    ■花期:5月〜6月
    ■草丈:2〜3m

    もともとは果樹として日本に紹介された木ですが
    花びらの白と、おしべの赤と、その先端の黄色のコントラストが
    なんとなくトロピカルな雰囲気をかもし出し
    また、常緑でシルバーがかった葉も美しく
    最近では庭木として植えられる場合も多いようです。

    フェイジョアは同じ品種同士や一本の木では実を付けない性質が強く
    (自家不和合性といいます)
    実をつけるためにはどうしても違う品種の木を2本植えなければならず
    限られたスペースのため1本しか植えられないお庭では
    花を楽しむための木ということになります。

    S-DSC02627.jpg

    当店のボーダー花壇に植えてあるフェイジョアも
    1本だけですので残念ながら実は楽しめません。
    2mほどに育った苗木を植えて4〜5年経ちますが
    昨年までは芽吹きも悪く数輪の花を咲かせるのがやっとの状態でした。

    ところが今年は新芽の伸びもよく
    花もたくさん咲かせてくれました。
    本当のところはわかりませんが
    去年から微量要素入りの肥料に変えたことがよかったのかなと
    ひそかに思っています。

    花びらが甘いということなのでさっそく食べてみました。
    確かにうっすらと甘みがありましたが…



    まっ、あえて食べるほどのものではなかったことを
    ご報告しておきます(笑)。(oyaji)




    プリムラ・ジュリアン

    • 2013.01.15 Tuesday
    • 15:00
    冬に楽しむ草花として登場するプリムラ類は大きく分けて
    オブコニカやマラコイデスといった花首が伸びるタイプのものと
    ジュリアンやポリアンサという花首の伸びないタイプのものがあります。

    その中でも後者のグループ(ジュリアン・ポリアンサ)には複色系やパステル系など
    今まで見たこともないようなカラフルな品種が次々と登場しています。

    特にジュリアンはバラ咲きと呼ばれるとてもきれいな八重咲きの品種が多く登場し、
    私たちの目を楽しませてくれます。

    これは「ブライダルベル」という品種。
    もう、名前からしてオシャレですね。

    S-DSC03208.jpg

    【プリムラ・ジュリアン】
    ■サクラソウ科 一年草
    ■用途:花壇、コンテナ
    ■花期:11月〜4月
    ■草丈:15〜20cm

    ついでにこのシリーズの他の品種も一部紹介しておきます。
    まずオレンジがかった赤色の「ピーチフロマージュ」

    S-DSC03211.jpg

    濃いのピンクの「イチゴのミルフィーユ」

    S-DSC03212.jpg

    グリーンがかったホワイトの「マスカットのジュレ」

    S-DSC03214.jpg

    なんのこっちゃ(笑)


    プリムラ・ジュリアンは本来多年草なのですが暑さにあまり強くないので
    三重県あたりでは夏に枯らしてしまう場合が多いですね。

    パンジー一色になりがちな冬のガーデニングも
    こういった品種の登場で楽しみが増えています。(oyaji)




    バラのある花壇

    • 2013.05.29 Wednesday
    • 09:29

    一昨年の年末に植えたバラが立派に咲いてくれました。
    2年目の株にしてはよく育っていると思います。
    (ちなみにその後、諸般の事情でトレリスには「ナエマ」、
    オベリスクには「ギー・サヴォア」に植え替えてあります)

    S-DSC03519.jpg
    トレリスに植え替えた「ナエマ」

    【バラ】
    ■バラ科 落葉低木
    ■用途:花壇、コンテナ
    ■花期:5月〜6月、10月〜12月
    ■草丈:1m〜3m

    今まで地味だった西側のボーダー花壇が
    一気に明るくなりました。

    しかし、このデルバール社のバラというやつは
    実によく咲いてくれます。
    1年育てて株も充実したせいか、
    花の大きさも去年より2回りほど大きいようです。

    S-DSC03521.jpg
    「ナエマ」

    オベリスク仕立てにした「ギー・サヴォア」も元気に育っています。

    S-DSC03523.jpg
    オベリスクに植え替えた「ギー・サヴォア」

    とにかく、立派なシュート(株元から出る勢いのある枝)がどんどん出てくれるので
    仕立ても困りません。

    S-DSC03525.jpg
    「ギー・サヴォア」

    来店されるお客様にも目をお留めいただき
    おほめのの言葉をいただきます。

    こうなれば更にやる気もでますので
    来年はもっと立派なバラを育てようという気になってしまう単純な私です。
    まっ、もともとほめられて育つタイプですし…。

    実はこの冬、バラのアーチを買いまして
    同じく西側の花壇に設置し
    アーチの両側につるバラ2種を植えました。


    どうやら私もバラにはまってしまったみたいです…(^^;)。(oyaji)




    ハボタン ブラックルシアン

    • 2013.12.19 Thursday
    • 19:36
    近頃、黒紫色のハボタンが出回っています。
    それだけ集めて見ているとちょっとグロい感じがしないでもないのですが…

    s-DSC04043.jpg

    【ハボタン】
    ■アブラナ科 一年草
    ■用途:花壇、コンテナ
    ■鑑賞期:10月〜12月
    ■草丈:10〜30cm

    そもそも紅白でおめでたいハボタンは
    お正月の縁起物として玄関先を飾ったもので
    形も大阪丸葉、名古屋縮緬、東京丸葉の3種類しかありませんでした。

    その後、葉の形がギザギザになったものやら
    色もピンクのものやらが登場するようになり
    ここ1〜2年でこの黒いハボタンが登場するようになりました。

    こうなるともうハボタンはめでたいというイメージはとりあえず置いといて
    アレンジとして組み合わせを楽しむ花材として割り切ることにしたほうがよさそうです。

    s-DSC04045.jpg

    こうやって使うと軽い感じだったアレンジに
    ちょっと重みが出てきます。


    春には黒いペチュニアなんかも登場しており
    話題としてはいいのですがやはりちょっと地味。

    うまく組み合わせて楽しみたいですね。


     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    information

    Tanehyo Information photo 【たね兵 Tanehyo】
    三重県四日市市でプロ用種子・家庭菜園・ガーデニングを中心に営業している園芸店です。豊富な知識で、初心者でも安心してお買い物をしていただけるよう心がけています。

    tanehyoHP.jpg

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM